苫小牧造園協同組合
緑のニュース
社会貢献実施報告

 平成23年9月28日苫小牧造園協同組合では社会貢献事業の一貫として今年度7月28日に実施をしたみその保育園 に引き続き2ヶ所目の剪定ボランティア事業を行いました。

 今回は、いとい北保育園の環境整備事業です。 好天に恵まれた当日は、前回同様朝7時50分に集合し、後藤理事長より今年度二度目にもかかわらず今回のボラン ティア事業に対して御協力を頂いた感謝の意を表した後、本日の作業内容の説明・朝礼安全ミーティングを行い、 続いて前回よりお願いをしている苫小牧市サンガーデン・市民文化公園の指定管理者である当組合職員で、苫小牧 市サンガーデンにおいて植物の管理を担当している安藤植物管理員より剪定のアドバイスを受けた後、作業を開始 致しました。 

 

 園内には、他の保育園では見られない12m〜15m位に成長した桁違いのプラタナス・シダレヤナギの樹木を目の前に して、よくぞここまで成長したな〜と感心するばかりです。 そこで今回は、高所作業車を初めて出動させました。運転資格者証を携帯した組合員が運転操作を行いつぎつぎと 手際よく剪定をこなし仕上げていきました。 ほかにも、枯木及びカラスが毎年巣を作るバンクスの針葉樹などもありチェンソーを使用しての伐採も行いました。剪定・ 伐採・積込を組合員同士の連携により作業も順調に進み、園庭内部にも太陽の陽が燦々と降り注ぐようになりました。 最後に青木副理事長よりボランティア参加者への労をねぎらう言葉で解散式を締め、予定時刻を若干経過しましたが 無事終了する事が出来ました。  

本日のボランティア活動に、ご理解ご協力を頂きました各関係者の皆様方、保育園の先生方に心より感謝を 申し上げます。 又、大変忙しい時期に快く今回の事業にも参加をして頂いた各社のご協力により無事終了することが出来ました。

ありがとうございました。

その時の写真です。


 尚、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。 庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄について メールマークをクリックして、お尋ねください。

 ぜひ連絡をお待ちしております。 又、組合員徒然日記にも組合活動に関する事柄を掲載しておりますので併せてご覧頂ければと思っております。

社会貢献実施報告
 平成23年7月28日苫小牧造園協同組合では、組合員による社会貢献事業の一貫として昨年度に引き続いて保育園 の剪定ボランティア事業を行いました。

 今年度は、みその保育園の環境整備事業です。
好天に恵まれた当日は、昨年同様朝7時50分に集合し、後藤理事長より今回のボランティア事業に対して協力を頂い た御礼を述べ、次に、本日の作業内容の説明・朝礼安全ミーティングを実施。その後苫小牧市サンガーデン・市民文化 公園の指定管理者である当組合職員で、サンガーデンにおいて植物の管理を担当している安藤植物管理員を現地に 招き剪定のアドバイスを受けた後、作業開始です。

 園内に高くうっそうと伸び放題に茂っていた樹木を、慣れた手つきで次々と剪定し仕上げていきました。 今回は、枯れた木もありチェンソーを使用しての伐採作業も同時進行となりました。ふと切り株を見ると子供が座れる 程度の高さに切断し、切り口の端は丸くけずりが入っていて安全に対する細やかで粋な計らいに感心しました。
 暑さの中、作業も順調に進み予定通りの時刻に無事終了する事が出来ました。 休憩中に園児たちより「ありがとうございました〜〜」のかわいらしい声が。

 この言葉が疲れた身体を癒し、“次回も頑張ろう”との気持ちにさせてくれる一言なんだと、私達一同再認識させて くれた時間でした。

 本日のボランティア活動に、ご理解ご協力を頂きました各関係者の皆様方、保育園の先生方に心より感謝を申し 上げます。
 又、大変忙しい時期に快く今回の事業に参加をして頂いた組合員各社の協力により無事終了することが出来ました。
 ありがとうございました。

やまて保育園での剪定作業時の写真です。




 尚、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。
 庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄について メールマークをクリックして、お尋ねください。         
 ぜひ連絡をお待ちしております。


東日本大震災義援金寄付報告
 平成23年3月11日(金曜日)に発生した東日本大震災により被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

 東日本大震災が発生し二週間以上が経ちますが、国内観測史上最大級の地震は、巨大津波を伴い多くの尊い命が奪われ、今なお親類、友人の安否がわからず、家を失い更には原子力発電所の脅威にさらされている想像を絶する悲惨な状況が続いております。

 当苫小牧造園協同組合では、被災者の方々への早急な支援策として平成23年3月23日、苫小牧市長 岩倉博文氏を通じて日本赤十字社苫小牧市地区へ義援金として30万円の寄付を致しました。

 皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。



社会貢献実施報告
平成22年9月29日苫小牧造園協同組合では、組合員による社会貢献事業の一貫として次のようなボランティア事業を行いました。

今年度は、愛くるしい美男美女が通う保育園の環境整備事業です。好天に恵まれた当日は朝7時50分に集合し、後藤理事長より今回のボランティア事業に対する決意を述べた後、本日の作業内容の説明・朝礼安全ミーティングを終えて二班に分散し作業の開始です。

一班は、やまて保育園(山手町2−9−4)に。二班は、しみず保育園(清水町2−7−11)へ移動しての作業となりました。勝負は、園児がお昼寝の時間帯に入る12時30分迄です。
樹木の種類も違えば大きさも違う各保育園の樹を、組合員同士の連携により次々と仕上げていきました。

作業中ふと見ると、園の窓越しには時々小さな顔、顔、顔。
お友達同士で作業を見ながらの感想かな?楽しそうなお喋りも聞こえてきます。
作業も順調に終了した帰り際に園児のみなさんから、「ありがとうございました〜」の合唱が。
私達一同、この予期せぬサプライズに自然と拍手が沸き、感謝の気持ちがひしひしと感じられるシーンでした。

本日のボランティア活動に、ご理解、ご協力を頂きました各関係者の皆様方、保育園の先生方に心より感謝を申し上げます。思わぬ感動を得ることができた今回の事業も、参加組合員の協力により無事終了することが出来ました。

ありがとうございました。

やまて保育園での剪定作業時の写真です。


やまて保育園での剪定作業時の写真です。


しみず保育園での剪定作業時の写真です。


しみず保育園での剪定作業時の写真です。



尚、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。
庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄についてメールマークをクリックして、お尋ねください。
ぜひ連絡をお待ちしております。
樹木剪定実技講習会実施報告
苫小牧造園協同組合は、毎年この時期に実施している剪定実技講習を平成22年3月18日(木曜日)に昨年10月16日に桜の木に肥料やりを行った苫小牧緑ヶ丘公園内の桜並木を実施場所として行いました。

当日は、樹木医として活躍している金田氏を講師として招き、桜の木の病気(てんぐ巣病、サクラコブ病)による対処方法、剪定方法の説明を受けました。また、具体的にハサミを入れての実践など、より分かりやすいご指導を頂きました。

その後、参加組合員19社51名は、6班にそれぞれ分かれ組合員による実技へと移り、長岡造園鰍フ長岡直人氏は桜の病気の講演が大変勉強になり、病気のかかり始めの枝は丸くなる事など実務上必要となる知識がたくさんあり非常に勉強になりました。今後は作業に生かしたい旨の感想を述べ先ほど得た知識と長年の技術をかみ合せて、丁寧に1本1本桜の木にハサミを入れ、剪定の技術習得に真剣に取り組み、汗を流しながら個々のレベルアップに努めました。

その時の剪定実技講習会の様子を撮影した写真です。 ご覧ください。





当組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。
庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄についてメールマークをクリックして、お尋ねください。
ぜひ連絡をお待ちしております。



社会貢献実施報告
平成21年10月16日苫小牧造園協同組合では、組合員による社会貢献の一貫として次のようなボランティア事業を行いました。

市内清水町に位置する緑ヶ丘公園にある桜の木の肥料やりです。
この場所は、周囲に市営緑ヶ丘野球場、陸上競技場、庭球場、サッカー場そして金太郎の池があります。
金太郎の池のそばには、バーベキューコーナーもあり、苫小牧市民の憩いの場になっている所です。

多くの市民が通る場所に位置する大切な桜を大きく育てようと固形燃料を与えました。

その時の写真です。


二つ目は、同じ市内清水町側の道々苫小牧環状線(双葉三条通)北側に位置する植樹帯にヨドガワツツジを植栽しました。
この場所は、特に朝・夕方には車両が大変込み合う環状線です。又、近くに学校もあり通学の自転車もまた多く行き交う場所です。単調で直線的な風景に花を咲かせて少しでも心の安らぎを持って頂ければとの想いから、ツツジを植えました。

草刈から始まり、土(客土)の入替え、土壌改良材の混入、そして植付と一連作業を行い、無事終了致しました。
春の開花時期がとても楽しみです。

その時の写真です。


苫小牧造園協同組合 苫小牧造園協同組合