苫小牧造園協同組合 苫小牧造園協同組合

カルチャーパーク・アートフェスティバルイベント参加

2011年9月7日 9:11 AM   投稿者:tsutamori

カルチャーパーク・アートフェスティバルが行われた苫小牧市民文化公園において、当苫小牧造園協同組合では平成23年7月27日、イベントに初参加を致しました。 

当日は晴天の下、短い夏を楽しもうと子供鼓笛隊、民謡ショー、フーセンアートほかあちこちでイベントが開催され大変賑やかなフェスティバルとなりました。そのような中で子供達を対象とした無料で「ヨーヨーつり」「スーパーボールすくい」を企画致しました。

当日まで子供達が集まるかどうか心配でしたが開店11時前にはもう列を作って並んでいましたので急遽、即、開店と致しましたが、次から次へと長い列が・・・・・!たちまち、プール内のヨーヨーが品薄状態、ヨーヨーのつり糸もスーパーボールのすくう網も品薄状態となり裏方作業の組合員スタッフは普段の仕事とは違った作業に戸惑いもありましたが、真剣な目つきでもくもくと作業をこなし続けました。一休みもなく商品をつくり続けましたが、1時間くらいで用意をしたイベント商品が無くなり閉店となりました。

又、すぐ隣のブースでは、サンガーデンの職員が丹精込めて育てたアカエゾマツ、ビワほか多数の鉢物も格安価格にて販売を行い多くの市民の方々に喜んで頂きました。

その時の写真です。

当、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかにメールのマークがあります。庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から、石材、インターロッキングなど様々な事柄についてメールマークをクリックしてお尋ねください。       ぜひ、連絡をお待ちしております。

社会貢献実施報告

2011年7月28日 2:05 PM   投稿者:tzoen

平成23年7月28日苫小牧造園協同組合では、組合員による社会貢献事業の一貫として昨年度に引き続いて保育園 の剪定ボランティア事業を行いました。

今年度は、みその保育園の環境整備事業です。

好天に恵まれた当日は、昨年同様朝7時50分に集合し、後藤理事長より今回のボランティア事業に対して協力を頂い た御礼を述べ、次に、本日の作業内容の説明・朝礼安全ミーティングを実施。その後苫小牧市サンガーデン・市民文化 公園の指定管理者である当組合職員で、サンガーデンにおいて植物の管理を担当している安藤植物管理員を現地に 招き剪定のアドバイスを受けた後、作業開始です。

園内に高くうっそうと伸び放題に茂っていた樹木を、慣れた手つきで次々と剪定し仕上げていきました。 今回は、枯れた木もありチェンソーを使用しての伐採作業も同時進行となりました。ふと切り株を見ると子供が座れる 程度の高さに切断し、切り口の端は丸くけずりが入っていて安全に対する細やかで粋な計らいに感心しました。
暑さの中、作業も順調に進み予定通りの時刻に無事終了する事が出来ました。 休憩中に園児たちより「ありがとうございました~~」のかわいらしい声が。

この言葉が疲れた身体を癒し、“次回も頑張ろう”との気持ちにさせてくれる一言なんだと、私達一同再認識させて くれた時間でした。

本日のボランティア活動に、ご理解ご協力を頂きました各関係者の皆様方、保育園の先生方に心より感謝を申し 上げます。

又、大変忙しい時期に快く今回の事業に参加をして頂いた組合員各社の協力により無事終了することが出来ました。

ありがとうございました。

やまて保育園での剪定作業時の写真です。

尚、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。

庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄について メールマークをクリックして、お尋ねください。
ぜひ連絡をお待ちしております。

東日本大震災義援金寄付報告

2011年3月11日 2:09 PM   投稿者:tzoen

平成23年3月11日(金曜日)に発生した東日本大震災により被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

東日本大震災が発生し二週間以上が経ちますが、国内観測史上最大級の地震は、巨大津波を伴い多くの尊い命が奪われ、今なお親類、友人の安否がわからず、家を失い更には原子力発電所の脅威にさらされている想像を絶する悲惨な状況が続いております。

当苫小牧造園協同組合では、被災者の方々への早急な支援策として平成23年3月23日、苫小牧市長 岩倉博文氏を通じて日本赤十字社苫小牧市地区へ義援金として30万円の寄付を致しました。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

安全パトロール

2011年2月8日 4:22 PM   投稿者:tsutamori

平成23年2月2日苫小牧造園協同組合研修委員会では、労働災害撲滅事業として安全パトロール活動を実施致しました。

先週の暖かさとは打って変わって寒さが身にしみる朝、研修委員会の六名は、ヘルメット・防寒着・安全チョッキに身を包み、安全パトロールの腕章をして本日、巡回予定の4ヶ所の現場へと向かいました。

向かった先はすべて苫小牧市内の「公園内樹木調査・景観改善業務」現場です。高所作業車を使用したり脚立を使用しての樹木の剪定作業です。又、切り枝の切断にチェンソーをも使用します。

厳冬期での剪定作業は夏場と違い体力的にも厳しい作業です。そのような中、今回の重点事項は、『法に基づく有資格証原本の携帯』『安全に対する意識』『安全看板の設置による第三者事故防止』を特に重視し、現場代理人からの聞き取り調査後、安全パトロール点検表に基づいて、各委員は注意深く現場を見回り点検作業に取り掛かりました。

今回の安全パトロールの結果、総評として安全対策を講じており安全意識の高揚も感じられ、そして各種有資格証の原本の携帯をしており当初の目的は十分果たせたと考えます。

今後も安全作業で業務を継続し、無事終了する事をお願い致します。

その時の写真です。

施工業者名:㈲大宮造園土木 啓北公園にて

施工業者名:長岡造園㈱ 澄川7丁目公園にて

尚、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。

庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄についてメールマークをクリックして、お尋ねください。

ぜひご連絡をお待ちしております。

パークゴルフ親睦会

2010年10月20日 9:33 AM   投稿者:tsutamori

平成22年9月8日苫小牧造園協同組合研修委員会の企画で、組合員の親睦事業として次のような催しを行いました。

今年度の戦いの舞台は「糸井の森 パークゴルフ場」です。

好天に恵まれた当日は、パークゴルフの基本マナー及びルールの説明を受けた後、10時30分より14名の参加者が次々とスタートをして行きました。

静止している大きなボールは簡単に打つことができるように見えますが、普段剪定バサミや写真用黒板・カメラ・チョーク等の商売道具には慣れている面々も、その手をゴルフクラブに持ちかえると悪戦苦闘の連続です。

打つ強弱が分からずグリーンを通り越したり、ラフの芝に食われたり、OBになるなどの珍プレーも飛び出し、参加者一同、和気あいあいと親睦を深めていました。

プレー終了後は、会場をレストハウスに移動しての親睦会第二部の開始です。

アルコールはありませんでしたが、ジンギスカン鍋を囲みながら、プレーには間に合わなかった組合員3名も参加しての談笑が延々と続き、その後表彰式が行われました。

今回の戦いは、スコアー OUT 29  IN 26 で 55 の成績を出した三大産業㈱の白岩会長の優勝で幕を閉じることとなりました。

゛おめでとうございました。゛

又、親睦事業に参加をいただきました組合員の方々に感謝を申し上げます。  有難う御座いました。

その時の写真です。

 

尚、組合HPでは、組合員紹介箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールのマークがあります。

庭の手入れ、移植、剪定など樹木に関する事から石、インターロッキングなどさまざまな事柄についてメールマークをクリックして、お尋ねください。

ぜひ連絡をお待ちしております。