苫小牧造園協同組合 苫小牧造園協同組合

緑のニュース


樹木剪定実技講習会報告

2012年3月15日 4:59 PM   投稿者:tsutamori

苫小牧造園協同組合では、毎年この時期に剪定の実技講習会を行っております。今年も平成24年3月15日(木曜日)に苫小牧緑ヶ丘公園内の桜並木で実施致しました。

当日は、樹木医の金田氏を講師として招き、前回の桜の木の病気(てんぐ巣病、サクラコブ病)による対処方法、剪定方法の説明を受けましたが、植樹から育樹へと別の角度から講習を受けました。今回は、陽樹であるがゆえ環境からくるストレス、カビによる病害を受けやすい。その為、日ごろの手入れが大変重要になってくる。ハルニレ、シナノキなどと違って通常1年で30cm位しか伸びないので剪定を行うにしても次の手順で行ったほうがよい。枯れ枝の処理、病気枝の処理へと進み後は陽が入るように行う。花芽と葉の芽を見分けれれば剪定自体はそう難しくはないとの事でした。又、カビによる病害は、患部を除去した後に殺菌剤のトップジンMペーストあるいはバッチレード剤を塗って傷口を保護する方法を学びました。

金田樹木医による桜の木の病気をテーマにした講習会は今回で2回目ですが、前回受講した人も今回初めて受講した人も入り混じって、参加者がそれぞれ班に分かれ実際に自分の手でハサミを入れ剪定技術の習得に真剣に取り組んでいました。

この剪定講習会を通して学んだ技術・技能を今後生かして桜の木の剪定専門技能士になれるよう当組合としても希望し大きな期待をした講習会でした。

その時の講習会の写真と共に当造園協同組合が指定管理者となっております苫小牧市サンガーデン内での“しだれ桜”の写真も掲載しました。一度、苫小牧市サンガーデンにも足を運んでください。

講習会 挨拶

 

 

 

 

 

 

 

講習会 講義

 

 

 

 

 

 

 

講習会 実技

 

 

 

 

 

 

 

講習会 実技

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧市サンガーデン内の しだれ桜です。

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧市サンガーデン内の しだれ桜です。

 

 

 

 

 

 

 

尚、組合HPでは、組合員紹介の箇所に各社の名前、住所、連絡先のほかに、メールがあります。庭の手入れ、剪定など樹木に関する事からインターロッキング等さまざまな事柄についてご相談下さい。  ぜひご連絡をお待ちしております。

コメントを書く

コメント内容